LIFE & WORK! 〜快適な仕事場を求めて〜(vol.1:ヤンゴンダウンタウンのカフェ編)

2019-10-03edit MingalaGO


パソコン片手に世界を飛び回るビジネスパーソンが増えてきた今日このごろ、ミャンマーにも、会社の出張で、駐在で、仕事をしにミャンマーへ訪れる外国人が年々増えてきています。また、旅をしながら仕事もするといったノマドワーカー的な最高の生き方をしている人もいますよね。そんなビジネスパーソン向けの快適な仕事場を紹介する第1弾!

第1弾は、カフェ編 @ ヤンゴンのダウンタウンエリア!

カフェサルーン(Café Salween)



まず最初に紹介したいのは、Urban Asia Center, Mahabandula Road (Between 47th and 48th Street)に位置する、カフェサルーンです。ここはウッディーな作りや観葉植物があって、とても落ち着いた雰囲気の過ごしやすいカフェです。パソコン作業してるギークのようなローカルの青年たちもいたり、ミャンマー人とミャンマー語の会話の勉強をしている外国人がいたりと日々賑わっています。コーヒーに拘りがあり、ローカルのスペシャリティコーヒーも用意しており、ダウンダウンエリアでおいしいコーヒー飲むならここ一択かなと思うところです。wi-fi環境はそこまで良くないですが、どの席でも電源が拾える環境なので、ネットをあまり介さない長時間のパソコン仕事にはオススメです。"The Third Wave Coffee"といった感じのカフェです。
店舗情報:https://mingalago.com/en/restaurant/detail/cafe-salween

カフェ イン タウン(KAFE IN TOWN)



ここはポップなテイストのかわいらしいカフェです。ローカルの女の子のグループやカップルを見かけるので、若い世代に人気があるようですが、室内はけっこう広めで席の間隔もあるので、ここでも快適に仕事ができます。 2,000チャットからコーヒーやカフェラテなど豊富なドリンクがありますが、食事も豊富なので、ランチやディナーで訪れるのもオススメです。電源を確保できる環境はないですが、wi-fi環境はとても良いのでネットを使った作業には最適なカフェです。
店舗情報:https://mingalago.com/en/restaurant/detail/kafe-in-town

ラングーンティーハウス(Rangoon Tea House)



ミャンマーの観光ガイドによく掲載されているラングーンティーハウスは、ミャンマー伝統の甘い紅茶"ラペヤェ"を、ミルクの多さや濃さなどの調整して注文することができます。長い時間パソコンづけになると疲労もたまるので、そこで甘い"ラペヤェ"を飲んで一気に疲労回復!なんていうのも良いかもしれません。
ここは朝7:00から夜12:00までと営業時間も長く、ミャンマー料理を始めてとした様々な料理が食べられるので、夕食時はとくに外国人観光客も多く賑わっています。
店舗情報:https://mingalago.com/en/restaurant/detail/rangoon-tea-house
レビュー:https://mingalago.com/en/interest/detail/rangoon-tea-house

パンパシフィックカフェ(Pan Pacific Café)



パンパシフィックカフェは、パンパシフィックホテルに隣接する、Junction cityの1階にあるカフェです。店内は洗練したゴージャスな雰囲気の非常にキレイなカフェで、各席の間隔も広く天井もとても高く、ゆったりと仕事をするには特にオススメです。ホテルに隣接していることもあり、外国人の利用者が多いです。Wi-fiのスピードも他のカフェに比べるととても早く、テレビ電話も全くストレスなくスムーズにできるくらいです。壁際の席など、席によっては電源をとれる場所もありますので、バッテリーの心配もしなくて大丈夫です。コーヒーやカプチーノなどは5,000チャットと、高級なカフェにしてはお値段もお手頃です。

エルカフェ(El Café)



El Cafeは22ndストリートと23rd ストリートの間にあるBo Ywe Road沿いにあります。カフェの周りの環境はダウンタウンのまさに真ん中にあり人通りも多いですが、店内はこじんまりとした静かな環境で、こちらも仕事をするのに集中できる場所です。電源も席によっては近くで利用できる席もあり、Wi-Fi 環境も良くてネットで調べたり、メールを打つ分には全く問題のない環境です。コーヒーなどのドリンクは2,000チャット前後、ミャンマー料理を中心とした料理も2,000チャット前後とかなりリーズナブルな価格帯です。

以上、カフェ@ヤンゴンのダウンタウン編でした!

この記事を気に入っていただけましたか?
MingalaGOユーザーのアカウントをお持ちの場合は、マイページにブックマークを追加することができます。