カチンカチン州はミャンマー最北の州です。北西部分はインドと、北部と東部は中国と国境を有してします。同国の州としては、ザガイン州とシャンヌードルで有名なシャン州に面しています。州の主要都市となっているのはミッチーナー県で、ほかにプーターオ県、バーモ県、モーニイン県があり、4つの県で構成されています。
カチン州には、ミャンマー1の5889メートルという高さを誇るカカボラジ山と、ミャンマー最大の湖のインドジー湖が存在しています。カカボラジ山はミャンマーを超えて、東南アジア最大の山として有名です。インドジー湖もミャンマーという枠を超えて、東南アジア最大の内陸湖として有名な湖です。
またカチン州は、翡翠と金が採れることで有名ですが、近年では自然豊かなリラックスできる環境を楽しむことができる観光地として注目されています。

ミッチーナ県

Kachin ウィキメディア
カチン州の主要都市であるミッチーナー県は、エーヤワディー川の土手に位置する高い地域にあります。鉄道のターミナル駅もあり、多くの民族が住んでいます。エーヤワディー川沿いにはシルトの土地(砂よりも小さい微砂のこと)で栽培されている農地や庭園を眺めることができます。また、カチン州の特産品として名高い翡翠や宝石を購入できるお店もあります。他には、カチンの伝統的なドレスや手工芸品、多くの民族文化の織物や食品を買うこともできます。
ミッチーナーならではといえば、繁華街でビルマゴング(ミャンマーの鐘)を買うことができる大きな屋内市場があります。屋外市場には、猿の頭蓋骨で作られたマグカップなどの興味深いローカルクラフトを楽しむことができます。

プーターオ県

Kachinプーターオ県は、ミッチーナー県から北に約350km離れています。陸路もありますが交通機関が危険で、現地の人々も飛行機で行くほどなので空路で入ることが一般的です。(所要時間:30分程度)
ミャンマー最北部に位置することもあり、多くの民族が住んでいます。プーターオ県には、ムラ川を渡るためにかけられた吊り橋、万年雪の積もるヒマラヤ山脈を遠望、美しい北部フロンティアの息をのむような風景、多様な動植物、ジンパオ・ラワン・リス・タイ・カマティと呼ばれる山岳民族たちとの出会いが待っています。東南アジア最後の秘境とも呼ばれ、豊かな自然にリトリートされたい人々が年々訪れています。

バーモ県

バーモ県はミッチーナー県より小さいですが、たくさんの丘に囲まれたかわいらしい場所です。乾燥した渓谷が多く、デコボコした道が多いです。イラワディ川が満潮になると町の下流部は浸水してきますが、洪水のような被害にはなりません。
ミッチーナー県からカタと呼ばれる場所までは鉄道が走っており、そこから川を渡ってバーモ県にアクセスすることができます。特にイベントやフェスティバルのときには多いですが、リス族・ラワン族・カチン族・シャン族・パラウン族といった少数民族の人々と出会うことができます。午前4時、小さなキャンドルの灯火とともに開くストリートバザーでは、ローカルのフルーツ・花・野菜を購入することができます。

マイツォーネ

Kachinミッチーナー県の中心部から北に45km離れた場所にあります。この地は、マイカ川とンマイカ川の風光明媚な合流地点であり、エーヤワディー川の始まりとなる場所です。川沿いには、伝統的な装飾のなされた綺麗なパゴダ「マイツォーネパゴダ」があります。所要時間は90分ほどで、タクシーで5万チャット(約3500円)かかります。バイクタクシーの方が安くいけますが、天候を考えるとタクシーで行く方がベターかもしれません。

インドジー湖

Kachinカチン州で訪問するもう一つの興味深い場所は、モーニイン県にあるインドジー湖です。これは、東南アジア最大の内陸湖であり、インドジー野生生物保護区にも指定されています。渡り鳥の群れや珍しい種の動物たち、ガラスの様に静かな湖上。まだまだ未開発の地域であり、美しい自然をリラックスしながら堪能することができます。

この湖の真ん中には「シュエミントゥーヤイラールパゴダ」と呼ばれる、カチン州では非常に有名な歴史あるパゴダがあります。非常に歴史深いパゴダで、カチン州の人々はこのパゴダをとても神聖な場所として崇めています。モーニイン県のカチン西岸地区から約1500m、リンロンという名前の町の中に位置しています。

また、湖畔にはゲストハウスがあり、そのテラスで静寂に身を委ねながらリラックスすることは極上の体験です。少し歩けばミャンマーローカル商店があるので買い物や食堂でご飯を食べるといった経験もすることができます。おもしろいのは、ボートやカヤックをレンタルして湖上を進むことができることです。レンタルした場所からパゴダまで行って戻ってくる体験はなかなかできないものですが、日差しの強い日は、日焼けに注意してくださいね。

Hsu Taung Pye Zedidaw (ミッチーナーの仏教寺院)

ゾウ・ジョン・ロードの北端、エーヤワディー川のほとりにある、ミッチーナーの街の中で最も目を引く宗教的な建物です。仏塔の反対側には、30mを超える横たわる仏像があります。これは、第二次世界大戦中に死んだ3400人の仲間の霊魂を収めるために、戦場となったこの地で仕えた日本人兵士によって建てられました。

ミョーマ マーケット

カチン州の主要市場は、ミョーママーケットです。日中は商業で賑やかで、夜には周辺の通りが人々で活気に溢れていきます。リス族・ヤオン族・カチン族・シャン族たちによる、手作りの衣装や織物を見つけることができます。ほぼすべての民族のものは非常にカラフルであるため、ミョーママーケットでのショッピングは非常に楽しく、カラフルな色合いに心を奪われます。

サラスワティ寺院

サラスワティ寺院はミャンマーで最大の寺院の一つであり、素晴らしい装飾と素晴らしい彫像、そして非常に豪華な外観を持っています。この寺院は、川沿いにありながらも、これでもかと金色に塗られた寺院です。

キスミーレストラン

このレストランはエーヤワディー川のすぐ近くにあります。料理種類としては、中国・ミャンマー・カチンの3種類を選ぶことができます。
そこまで高くなく、公正な価格で食事をすることができます。また、英語のメニューを提供してくれるので旅行者にも人気ですが、ミッチーナーの地元の人々の間でも非常に人気があります。レストランは、スー・ガラタウン・パイ・パゴダの隣に位置しています。

モエクアンへの日帰り旅行

旅行者に訪れてほしい場所のひとつに、モエクアンという場所があります。
モエクアンは、宝石とこの町で行われた文化活動の数のためによく知られています。ミッチーナーに戻る列車は、毎日午後5時ごろに出発します。ミッチーナーに戻るタクシーは約3万チャット(約2100円)、タクシーそれぞれのサービスに応じてより多くの費用がかかります。

カチンマナウ祭り

Kachin iDin_PhotoStock / Shutterstock.com Kachin カチンマナウ祭りは、毎年1月にミッチーナーで行われる、1週間にわたるお祭りで、カチン州の人々にとって神聖なイベントです。参加するすべての人々は、それぞれの部族の衣装を身にまとってマスダンスを実行するために、周囲の町や遠く離れた村から集まります。

カチン州への交通手段

ミッチーナーはミャンマー最北端の河川港と鉄道のターミナルです。ミッチーナー空港は、他の都市ライクプタオとマンダレーに接続する主要な空港です。マンダレーとミッチーナーを繋ぐ鉄道は、修理とメンテナンスなしで100年間使用されています。そのため、少し古くなってきた鉄道なので、この路線を使用すると24時間かかってしまいます。そのため、この鉄道をメインに利用するのは貨物列車です。ちなみに、ミッチーナーに住む地元住民の多くは、いまだに地元の足として三輪車を使用しています。

ミャンマー旅行者の訪問が制限されている地域

カチン州
タニンダーリ地域
シャン州
ザガイン地域
カヤー州
モン州
カイン州